カテゴリー別アーカイブ: ご紹介

埼玉県の母子感染症予防啓発例

今年は啓発のための本「エリザベスと奇跡の犬ライリー」を一月に発刊することができました。
でも、母子感染症予防に関する情報をもっと日本中に広めたいと考えたとき、
やっぱり自治体や国が主導してくださる方が確実です。
そこで、これまでどんな自治体がどんな協力をしてくれたか、また、それらの協力が今もなお続いているのかを、確認しようと思い調べていたところ、埼玉県知事からいただいたメールを見つけたのです。

実は、トーチの会ができて間もないころ、各自治体に向けて、母子感染症の予防啓発にお力添えいただけないかメールをたくさん送っておりました。
そんな中、埼玉県のホームページ上にある「知事への提言」フォームにメールを送ったところ、返信がありました。
その後、埼玉県議会議員のお力添えもあり、担当部署の方を含めた勉強会を開いたり、
その勉強会で理解を示してくれた担当者のはからいで埼玉県主催の母子感染症研修会を開いていただき講師をつとめさせていただいたり、
埼玉県の母子手帳には自治体の任意ページに母子感染症予防について独自に記載してくださったり、
埼玉県独自の啓発パンフレットを作成してくださったりと、
どの自治体より先駆けて協力をしてくださった埼玉県です。

今後も、継続的に母子感染症予防啓発をしていただけたらと思います。
また、ほかの自治体も、ぜひこの埼玉県のように積極的に啓発に力を入れていただけますよう、よろしくお願いいたします。

埼玉県オリジナルパンフレット

埼玉県HP

さいたま2

埼玉県HP

埼玉県母子手帳母子感染1

埼玉県の母子手帳「母子感染」のページ

埼玉県の母子手帳「母子感染」のページ

トーチの会 代表様

  私あてにメールをお寄せいただきありがとうございました。
  トキソプラズマとサイトメガロウイルス感染を予防したいと思う代表様のお気持ちは分かりました。
   経験を踏まえてご意見をいただいたことを重く受け止めます。
   お話のとおりこれらの母子感染については一般的な知識の普及がまだ充分とは言えませんので、

   広く普及啓発を行う必要があると思っています。
   まずは、市町村職員を対象に研修を開催し、正しい知識の普及を行います。
   県のホームページにも掲載し、広く県民に周知していきます。
   また、妊婦さんに正しく知っていただくために、
   市町村が作成する母子手帳にこれらの感染症とその予防法を掲載するよう市町村に依頼をします。
   さらに、市町村で行う母親・両親学級など
   あらゆる機会を通じて感染を予防するための知識を普及啓発していくことも市町村にお願いをします。
   抗体検査を国に先行して公費で実施することについてですが、
   本来、公費負担の対象が地域で異なることは望ましくないと思います。
   このため、現時点でお話の感染症の検査を公費で実施することについては考えていません。
ご理解ください。

   なお、埼玉県は妊婦健診14回すべてに助成を行っており、
   妊婦1人当たりの公費助成額は関東の1都6県で最も高くなっています。
   来年度も妊婦健診の助成額を増やし、妊婦さんへの負担軽減を図ります。
  今後も、市町村と協力して検査項目の見直しなど、できることから早速取り組んでいきます。
   季節柄、お身体に気をつけください。
 
  平成25年 1月10日
 
                    埼玉県知事 上田 清司

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

妊婦の300人に1人が感染するウイルスとは?井上直樹先生の記事

妊婦の300人に1人が感染するウイルスとは?

2014年の記事ですが、サイトメガロウイルスの尿スクリーニングについて詳しく書かれているので紹介いたします。

これを書かれた井上先生が、実は「anything but a dog!」を日本で紹介してみてはどうかと、その本を貸してくださったのです。
この井上先生から受け取ったバトンが今につながり、「エリザベスと奇跡の犬 ライリー」発刊となったのです。
その詳細は、本の「刊行に寄せて」に書かせていただきました。
「エリザベスと奇跡の犬 ライリー」は、いろんな偶然、奇跡の積み重ねで出来上がりました。
ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思います。

購入はこちらからどうぞ!!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

疫病神は松明(TORCH)を掲げて妊婦を訪れる

2013年小児感染症学会会頭講演

「母子感染症―疫病神は松明(TORCH)を掲げて妊婦を訪れる―」長崎大 森内先生
森内先生が、2013年の日本小児感染症学会で会頭をつとめた時の、始まりの講演のまとめです。

TORCH症候群って何?というのが、とても分かりやすくまとめられています。
この抄録を読めば、トキソプラズマ、サイトメガロウイルスだけでなく、風疹や梅毒などTORCH症候群全体が見渡せますので、基礎知識のない方にこそおすすめのまとめです。
トーチの会のホームページを読む前に、読んでいただいても、理解しやすいかと思いますのでご紹介します。

ちなみに2013年のこの学会ではトーチの会でもシンポジストとして講演し、ブース展示も行いました。
でも、当日、私は森内先生のこの講演を聞けなかったのです。
今更ながらこれを見つけて、また、この素晴らしい講演内容を皆さんにご紹介できて嬉しいです^ ^

面白い話、冗談をまぜながら、いつもお話してくださるので、一般の方にも分かりやすくて、森内先生の講演が私は大好きです。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

いわさき小児科(宮崎県宮崎市)でロタウイルスワクチン・おたふくかぜワクチンを接種頂くと、翻訳本出版にご協力いただけます!

窓口負担金額は変わらず、ロタウイルスワクチン・おたふくかぜワクチンを接種頂くと、翻訳本出版にご協力いただけます!

先月香川県にて行われておりました日本外来小児科学会でお話しさせて頂いた、宮崎県にある「いわさき小児科」の岩﨑直哉先生が、トーチの会の「anything but a dog!」翻訳本プロジェクトに賛同頂いた上、告知にご協力頂いております!

IMG_5167
▼ブースにお立ち寄り頂いた岩﨑直哉先生と一緒に撮影させて頂きました

こちらの小児科でロタウイルスワクチンまたは、おたふくかぜワクチンの接種を希望された方から参加を募り、支援に同意してくださる方には、接種料金から一部を寄付をしていただく形で、クラウドファンディングの成立にご協力頂いております。
(ワクチン接種の窓口負担金額に変わりはありません。不足分は病院が負担されるとのことです)

いわさき小児科のHPはこちら

「あまり知られていませんが、母子感染症はどのお母さんでも経験するかもしれない病気です。
そしてそれは、すこしの知識で防げたかも知れません」
(いわさき小児科による告知パンフレットより)
まさにトーチの会の思いや願いを理解頂き、さらに自院でもこのように告知頂き、今回の翻訳本プロジェクトにご協力頂き、大変感謝しております。

お陰様でプロジェクトは成立しましたが、予約はまだこちらから受け付けております!
ロタウイルスワクチンまたは、おたふくかぜワクチンの接種を希望される宮崎県宮崎市の方は、
ぜひ「いわさき小児科」での接種をご検討ください!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

8/7日テレ24時間テレビ事前番組に会員さんが取り上げられます

トーチの会が、取材されたわけではありませんが、会員さんが出ますのでお知らせします。

関東地域限定ですが8/7明日、日テレ14:15〜の24時間テレビ事前番組の中の「母と子の物語」というコーナーで当会関西支部長(CMV会員)みいこさんが取り上げられます。

みいこさんの体験談はHPで読めます。

体験談は訳あって2013年から更新していませんが番組ではその理由、体験談の「その後」がわかると思います。
みいこさんの体験談

CMVにより、つらい体験をする母子が一人でも出ないよう、トーチの会は啓発を続けます。

そのための、翻訳出版プロジェクトにも、ぜひ応援お願いします。

翻訳出版プロジェクトに賛同の方はこちらから本をご購入お願いします

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

駒崎 弘樹氏との対談・最終回(全3回)※追加資料あり

【最終回】「風疹」の500倍!?子どもに関わる全ての人に知って欲しい、先天性感染症の原因「サイトメガロウイルス」 とは(3)

病児保育、小規模保育、障害児保育に関するNPO法人フローレンス代表理事の駒崎 弘樹氏と対談させていただいたシリーズもいよいよ最終回です。

保育士は乳幼児と触れ合うことが多い職業であり、乳幼児の唾液や尿に多く排出されるサイトメガロウイルスの正しい知識を持ってほしいと考えています。
今回は「無知が引き起こす偏見や誤解」のこわさ、またサイトメガロウイルス以外の一般的な感染症の具体的な「妊娠中の予防策」についてお話しています。
引き続き、医療的内容に関してはトーチの会の森内教授に監修も受けており確かです。
ぜひ、みなさんご覧ください。

また、最終回の記事中では、スペースの都合上省略した資料があります。以下に載せますので、記事本文と合わせてごらんください。理解が深まると思います。

・母体が感染したからといって必ず胎児にまで感染してしまうとは限りませんし、たとえ胎児に感染したからと言って必ず障害が起こるわけでもありません。
あくまで抗体検査は母体に抗体があるかないかがわかるだけで、陽性だったとしても妊娠中に感染したのか妊娠する前に感染したのかは判断できないものです。

日本におけるCMV抗体検査陽性と症候性の確率のかかわり

・妊娠中の感染予防のための注意事項 – 11か条の詳細な解説はホームページで読めます。
妊娠中の感染予防のための注意事項 – 11か条

例えば11か条の2項目…
2.小さな子どもとフォークやコップなどの食器を共有したり、食べ残しを食べることはやめましょう。

小さな子どもの唾液や尿にはサイトメガロウイルスが含まれている可能性があります。
健康な人には無害なウイルスですが、妊婦と胎児には影響を及ぼすことがあります。
小さな子どもと関わるときは頻繁に手を洗いましょう。

…というような詳細な説明が11項目すべてにされていますので、参考にしてください。

・トキソプラズマに関してもぜひ、知ってください。
Q&A形式で理解できる「トキソプラズマ」入門編

 

第一弾は駒崎 弘樹氏との対談・第一弾
第二弾は駒崎 弘樹氏との対談・第二弾
…をご覧ください。
ぜひたくさんの人に読んでほしいので、シェアお願いいたします!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

2/21えるかふぇ「トーチかふぇ」開催のお知らせ

えるかふぇ「トーチかふぇ」開催のお知らせです。

2016年2月21日日曜日
わいわい子育てリテラシー入門 第12弾 トーチかふぇ

胎内感染って、何?トキソプラズマ、サイトメガロウイルスに妊娠中に感染したら何がこわいの?予防できないの?
…というお話を少人数で気軽にトーチの会代表がお話します。

妊婦さんや妊娠希望者、助産師、保育士さんなど、ぜひ聞きに来てください!
http://lcafe.blogspot.jp/2016/01/blog-post_81.html?m=1

講師:渡邊智美 わたなべともみ
(先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」代表・歯科医師)
日時:2016年2月21日(日)10:00~12:30
場所:根津ポケットランド(細部小児科クリニック3階)
東京都文京区根津2-14-11
参加費:500円 定員:12名(申込先着順)
お申し込みは将来妊娠を希望している方(含パートナー)/妊婦さんと接触の多い方優先でお願いします。
後援:Plus Action

えるかふぇチラシ

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

東京農工大学の科学博物館で市民講座を行います

東京農工大学博物館において2016年1月23日(土)~2016年2月20日(土)まで、
企画展「感染症と闘え!研究最前線」
 という企画展がひらかれます。
大学における感染症研究の最前線を見て、触って、体験していただけます!
そのイベントの一環として、会期中は毎週土曜日に様々な講演会があります。

企画展開催の初日に、トーチの会の代表が講演を行うことになりました。
【日時】1月23日(土) 15時〜16時
【場所】東京農工大学博物館 博物館3階講堂

一般の人向けの専門用語なしの胎内感染講座です。
中高生といった学生さんも聞きに来て頂けるという事で、胎内感染すると何故障害が起こるのか、トキソプラズマとサイトメガロウイルスの胎内感染についてわかりやすく説明します。

博物館では様々な感染症の特別展示もあり、トーチの会本部メンバーと感染研が協力して作成したトキソプラズマの資料展示もあります。(1階企画展示室)こちらは会期中は、いつでもご覧になれます。
母子感染予防啓発パンフレットの配布もしております。

いずれも入場無料・予約不要です。ぜひ、お誘いあわせの上、ご来館ください!!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

駒崎 弘樹氏との対談・第一弾(全3回)※追加資料あり

病児保育、小規模保育、障害児保育に関するNPO法人フローレンス代表理事の駒崎 弘樹氏と対談させていただきました。

「風疹」の500倍!?子どもに関わる全ての人に知って欲しい、先天性感染症の原因「サイトメガロウイルス」とは

かねてより保育士は乳幼児と触れ合うことが多い職業であり、乳幼児の唾液や尿に多く排出されるサイトメガロウイルスの正しい知識を持ってほしいと考えておりました。
そこで、駒崎氏に保育業界への啓発にご協力をお願いしたところ、快く引き受けてくださり、今回このような場を作ってもらうことがかないました。
全3回の連載企画です。医療的内容に関してはトーチの会の森内教授に監修も受けており確かです。
ぜひ、みなさんご覧ください。

また、第一弾の記事中では、スペースの都合上省略した資料があります。以下の表です。

発生率対比

左:トーチ症候群内での比較 othersでは、その一例として梅毒を挙げている 右:新生児スクリーニングで確認する病気とダウン症との比較

これをみていただければ、新生児スクリーニングでチェックする病気や、ほかのトーチ症候群の妙期と比較しても、見逃せない病気であることがよりわかっていただけるかと思います。

アメリカにおける子供に長期後遺症を引き起こす原因

アメリカにおける子供に長期後遺症を引き起こす原因としては圧倒的一位

また、アメリカにおける子供に長期後遺症を引き起こす原因としては圧倒的一位であるこの病気。
アメリカでは8000人以上が毎年発症し、400人以上の赤ちゃんが毎年死亡しているのです。

欧米では難聴の原因の4分の1がCMV

日本でも、某聾学校で調査したところ原因不明とされていた難聴の原因をへその緒などを使って検索したところ、その1-2割が先天感染によるものだったという報告があります。
日本でも対策を急ぐべき病気なのがわかっていただけると思います。

第二弾は駒崎 弘樹氏との対談・第二弾(全3回)です。
最終回は駒崎 弘樹氏との対談・最終回(全3回)です。
ぜひたくさんの人に読んでほしいので、シェアお願いいたします!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

TBSドラマ「コウノドリ」内の病院にポスターが貼られました

現在放送中のTBSドラマ「コウノドリ」をご覧の方も多いのではないかと思います。
周産期医療をテーマにした、非常に「現実的な」ドラマです。
詳細は公式HPをご覧ください。→TBSドラマ コウノドリ

そのドラマの12/4以降放送 でトーチの会のポスター2枚が掲示されていたのを気づいていただけましたか?
ドラマ内のペルソナ総合医療センター産婦人科がトーチの会のポスターを採用してくれました!!
(実はパンフレットもお渡ししてありますが、今のところ、こちらはうつってはいません。)
漫画の原作者の鈴ノ木先生も気づいてくださったようで、twitterでコメントしてくださいました。
(↓私と先生との会話です)
私:素晴らしい原作があるからドラマも素晴らしいですね!
そういえばドラマでトーチの会の母子感染予防啓発ポスターを貼ってもらえたんですがお気づきになりました?
ぜひ漫画でもトキソやCMV取り上げてくださいm(__)m
鈴ノ木 ユウ@suzunokiyou 12月12日:
 ありがとうございます!はい、気付いてましたよ。風疹以外の母子感染症もいつか描ければとは思っています。。

 

コウノドリ1コウノドリ2 コウノドリ3 コウノドリ4 コウノドリ5 コウノドリ6ペルソナ6

これを機に、トーチ症候群、母子感染症に世間が関心を持ってくれると嬉しいなと思います。
また、今後、ドラマや漫画で、題材として取り上げられること期待します。
(ドラマは今週金曜で最終回を迎えますが、パート2制作を願います。)
最終話もトーチの会のポスターを探しながら見ようと思います。

啓発ポスタートキソプラズマ 啓発ポスターサイトメガロウイルス

ポスターは以下のページから無料ダウンロードできますし、今ならパンフレットと一緒に無料で一部お分けすることもできますので、以下よりお申込みお待ちしています!
ポスターダウンロード
ポスターとパンフレットのお申込み
6

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)