カテゴリー別アーカイブ: 活動履歴

埼玉県の母子感染症予防啓発例

今年は啓発のための本「エリザベスと奇跡の犬ライリー」を一月に発刊することができました。
でも、母子感染症予防に関する情報をもっと日本中に広めたいと考えたとき、
やっぱり自治体や国が主導してくださる方が確実です。
そこで、これまでどんな自治体がどんな協力をしてくれたか、また、それらの協力が今もなお続いているのかを、確認しようと思い調べていたところ、埼玉県知事からいただいたメールを見つけたのです。

実は、トーチの会ができて間もないころ、各自治体に向けて、母子感染症の予防啓発にお力添えいただけないかメールをたくさん送っておりました。
そんな中、埼玉県のホームページ上にある「知事への提言」フォームにメールを送ったところ、返信がありました。
その後、埼玉県議会議員のお力添えもあり、担当部署の方を含めた勉強会を開いたり、
その勉強会で理解を示してくれた担当者のはからいで埼玉県主催の母子感染症研修会を開いていただき講師をつとめさせていただいたり、
埼玉県の母子手帳には自治体の任意ページに母子感染症予防について独自に記載してくださったり、
埼玉県独自の啓発パンフレットを作成してくださったりと、
どの自治体より先駆けて協力をしてくださった埼玉県です。

今後も、継続的に母子感染症予防啓発をしていただけたらと思います。
また、ほかの自治体も、ぜひこの埼玉県のように積極的に啓発に力を入れていただけますよう、よろしくお願いいたします。

埼玉県オリジナルパンフレット

埼玉県HP

さいたま2

埼玉県HP

埼玉県母子手帳母子感染1

埼玉県の母子手帳「母子感染」のページ

埼玉県の母子手帳「母子感染」のページ

トーチの会 代表様

  私あてにメールをお寄せいただきありがとうございました。
  トキソプラズマとサイトメガロウイルス感染を予防したいと思う代表様のお気持ちは分かりました。
   経験を踏まえてご意見をいただいたことを重く受け止めます。
   お話のとおりこれらの母子感染については一般的な知識の普及がまだ充分とは言えませんので、

   広く普及啓発を行う必要があると思っています。
   まずは、市町村職員を対象に研修を開催し、正しい知識の普及を行います。
   県のホームページにも掲載し、広く県民に周知していきます。
   また、妊婦さんに正しく知っていただくために、
   市町村が作成する母子手帳にこれらの感染症とその予防法を掲載するよう市町村に依頼をします。
   さらに、市町村で行う母親・両親学級など
   あらゆる機会を通じて感染を予防するための知識を普及啓発していくことも市町村にお願いをします。
   抗体検査を国に先行して公費で実施することについてですが、
   本来、公費負担の対象が地域で異なることは望ましくないと思います。
   このため、現時点でお話の感染症の検査を公費で実施することについては考えていません。
ご理解ください。

   なお、埼玉県は妊婦健診14回すべてに助成を行っており、
   妊婦1人当たりの公費助成額は関東の1都6県で最も高くなっています。
   来年度も妊婦健診の助成額を増やし、妊婦さんへの負担軽減を図ります。
  今後も、市町村と協力して検査項目の見直しなど、できることから早速取り組んでいきます。
   季節柄、お身体に気をつけください。
 
  平成25年 1月10日
 
                    埼玉県知事 上田 清司

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

9月25日(日)の北海道新聞朝刊に掲載されました

9/25北海道新聞朝刊社会面にトーチの会の翻訳本出版について掲載して頂きました

fullsizerender-3
トキソプラズマとCMVの説明もあります。
多くの皆さまに知っていただけますように。
翻訳本の予約はこちらから10月19日まで受付しております!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

47NEWSにトーチの会の翻訳出版プロジェクトが取り上げられました

8/30にトーチの会の翻訳出版プロジェクトが取り上げられました!

母子感染啓発へ翻訳出版計画   医療新世紀 – 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/…/featu…/medical/2016/08/post-1559.html
(以下、記事転載)

母子感染症の予防啓発に取り組む患者団体「トーチの会」(渡辺智美代表)が、母子感染による重い障害がある少女と愛犬を巡る、米国の実話に基づいた物語の翻訳出版を計画している。
 少女は先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染症。著者は母親のリサ・サンダースさん。渡辺さんは「感動的な物語。CMV感染症は珍しくなく、予防には知識が必要ということも知ってほしい」と話している。
 賛同者から購入予約を募り、9月末までに予約が千冊に達すれば出版できる「クラウドファンディング」という仕組みを利用する。詳細はトーチの会のサイトを参照。

ぜひ予約購入をお願いしますm(__)m

● 予約購入申し込み先(クレジットカード・先払い)
● 予約購入申し込み先(銀行振り込み・後払い)
以下の申込用紙に記入して送ってください
FAX  03-5725-0112
メール info_tb@az-hd.co.jp

本当の最終版 裏

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

保護中: 会報Vol. 19 富山県交流会の様子・他

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

7/28読売新聞朝刊に取り上げられました。

7/28の読売新聞朝刊に、トキソプラズマが取り上げられました。

20160728読売新聞

取材を受けたのは当会の協力会員さんです。
妊娠中にトキソプラズマに初感染した可能性が高く、不安な日々を過ごした経験を語っています。
「ペットと安全に」という連載記事のため、タイトルではネコの糞が強調されており、この会員さんが初感染の原因として思い出した中にもネコカフェに行ったことが入っていますが、実際は加熱不足の肉の摂取やガーデニングなどの土を介しての感染の方が多いと言われています。
また、記事にもあるようにネコの糞にトキソプラズマが排出されるのは、その猫が初めて感染した場合の数週間のみの話なので、むやみにネコを敵視しないでください。
詳しいネコとの関わり方は、HPにある岐阜大獣医学部高島先生による「ネコとトキソプラズマ」
をよく読んで知ってください。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

7/10産婦人科感染症学会でブースを出しました

第33回日本産婦人科感染症学会学術講演会が日大医学部板橋キャンパスにてひらかれました。

13620897_1132073483530185_5316487754894214046_n

日時: 2016年7月10日
場所: 日本大学医学部 記念講堂(図書館棟4階)
住所: 東京都板橋区大谷口上町30-1
代表者: 学術集会長 早川 智(日本大学医学部 病態病理学系 微生物学分野)

IMG_8793トーチの会も、ブースを出させていただきましたが、今回ブースを出していたのは当会のみだったため、ほかの患者会や企業様との交流の場は持てず、そこは少し残念でした。
また、今回はポスター発表はなく、会場が一つしかなかったにも関わらず、ブースの場所がメイン会場4階とは違うフロア(トイレと演題登録受付があるのみの3階)だったため、はじめは人通りが全くなくどうなることかと心配しました。

IMG_8796 IMG_8795

しかし、午後を過ぎて、休憩のために3階に降りる人が出てきて、ブースの存在に気付いてもらうことができました。

IMG_8799

当会顧問の三井記念病院産婦人科部長の小島先生や、厚労省母子感染症研究班の神戸大産婦人科教授山田先生もブースに来てくださいました。

IMG_8804

他にも神戸大の蛯名先生等、いつもお世話になっている先生方にお会いすることができ、また翻訳本に興味を示してくださる先生方もいらして、午後のブースには、少し賑わいがありました。

また、今回は医学部資料室の横にブースをおかせていただいていましたが、
古医学資料が並んだ「華岡流外科と幕末明治の感染対策」特別展が開催されていたので、それも興味深く合間に見ることができました。麻疹に関わる展示や、罪人の解剖図などがありました。

今回は代表渡邊のほかに、本部から1名、会員さんが1名ブースを手伝いに来てくれました。以下は手伝ってくださった方の感想です。

残念ながら場所には恵まれませんでしたが、母子感染症の学会なだけあって、お会いしたかった先生方に今回初めてお会いすることが叶い、嬉しかったです。
通りかかる方にパンフを案内すると、「置いてます」「トーチの会知ってますよ」「このポスターどこかで見たなぁ」などのお返事をいただくこともあり、
私の数少ない学会展示経験の中でも徐々に会のことや啓発パンフが浸透しているのを感じました。
また、今回は患者会としては当会だけだったので、ちょっと寂しかったです。
トーチの会のアピールは毎度大事な使命ですが、隣り合う患者会との情報交換ややりとりも醍醐味なんだなぁと思いました。

今後も、トーチの会は一般の方、医療関係者問わず、母子感染症予防啓発をしていきたいと思います。
いろいろな学会やイベントでブースを出させていただく予定ですので、見かけましたら是非、寄ってくださるとうれしいです。お待ちしています。

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

7/22東京新聞に取り上げられました

東京新聞:新生児に障がい「トーチ症候群」 母子感染防ぐ知の灯火を

20160721東京新聞朝刊

小児保険協会学会で、森内教授と一緒に受けた取材の内容が記事になりました。

先天性サイトメガロウイルス感染症をわかりやすく啓発するために、米国の患者会の方の実話物語「Anything But a Dog!: The Perfect Pet for a Girl with Congenital CMV (Cytomegalovirus) 」を翻訳出版しするためのクラウドファンディングを始めることがこの記事でも紹介されています。

そのクラウドファンディングを企画してくれた出版社のプロジェクトはこちらです。
世界の本を翻訳出版するwebサービス、サウザンブックスです。

先天性サイトメガロウイルス感染症のことを多くの方に知ってもらうきっかけづくりのために、医学書ではない、普通の本を出したいとずっと思っていました。
この本の作者はもともと作家さんであり、お子さんを先天性サイトメガロウイルス感染症で亡くしてからは、米国での啓発活動に力を入れています。
私たち、トーチの会の母親たちと全く同じ気持ちを持った方なのです。
ぜひ、その気持ちを多くの人に届けるために、皆さんに予約購入していただきたいのです。
愛犬と少女の愛しい日々を綴った笑えて泣ける物語です。
日本版はさらに豪華で、長崎大小児科教授の森内先生の解説もついてきます。

ぜひ、ご協力をお願いいたします。
予約はこちらから。
【あらすじ】
犬を飼いたい姉と、先天性CMV感染症による障碍をもつ妹の負担になるからとそれを反対する母。しかし、犬以外のペットが次から次へと舞い込み問題を起こす。これなら犬飼っても同じことだわ、と諦めた頃に玄関先に迷い犬がくる。もうこれは神様の導きかもしれないと飼い始めてみると、妹と分かり合える良き伴侶になり、素敵な日々が続く。しかし、ある日いきなり、妹の時計は止まり…。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)