月別アーカイブ: 2013年4月

東京新聞・中京新聞に、当患者会が取材を受けた内容が掲載されました。

2013年4月30日の東京新聞と中京新聞に、当会代表が取材された内容が掲載されました。 
一般の人や妊婦のみならず医療関係者も含めて、トキソプラズマ感染症への認識の低さに警鐘を鳴らす内容です。

以下新聞より抜粋。

○岐阜県食肉衛生検査所の獣医師、松尾加代子さんが昨年調べたところ、食肉用の牛の6・5%、豚の5・2%がトキソプラズマの抗体検査で陽性だった。

○小島さんは「食の欧米化で生ハムなどが普及し、生肉への抵抗が薄れている。妊婦が生肉を食べる危険性は知られておらず、感染者が増える可能性がある」と懸念する。

○抗体検査を実施している練馬光が丘病院(東京)産婦人科顧問の長阪恒樹さんは「めったに症例がないので、検査をしなくてもいいだろうと考えている医師もいる」と指摘。「むしろ抗体検査で陰性だった妊婦にこそ、生肉を食べたり土いじりをしたりするリスクを教えるべきだ」と訴える。

妊娠中は生肉、生ハム避けて トキソプラズマに感染の恐れ(東京新聞)

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

トキソプラズマに関して共同通信が取材した記事が数社の地方紙に掲載されました。

共同通信が、 3/31にあった日本寄生虫学会で発表した代表のコメントなどをまとめた記事をだしています。 
顧問の小島医師による解説もあり、 トキソプラズマに関してわかりやすくまとめられています。 
ぜひご覧ください。

4/22 妊婦脅かすトキソプラズマ危険な生肉、土いじり正しい知識が胎児を守る 医療新世紀 – 47NEWS(よんななニュース)

またこの内容と同じ記事が地方紙に掲載されています。

掲載紙、掲載日は次の通りです。

東奥日報   4月15日 
静岡新聞   4月16日 
山陰中央新報 4月18日 
高知新聞   4月19日 
熊本日日新聞 4月19日 
四国新聞   4月19日 
山梨日日新聞 4月22日 
琉球新報   4月23日 
神奈川新聞  4月28日 
宮崎日日新聞 4月30日 
秋田魁新報  4月30日

■ 2013/05/24 追記
奈良新聞   4月18日
新潟日報   5月 6日
北國新聞   5月 8日
伊勢新聞   4月18日
岐阜新聞   5月13日
山陽新聞   5月14日
福井新聞   5月14日
北日本新聞  5月15日
茨城新聞   5月23日

■ 2013/07/07 追記
千葉日報
徳島新聞
神戸新聞

今後もまだまだ増えていくと思います。 
すべてを把握することは難しいのですが、判明次第、またお知らせします。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

大阪市、母子手帳副読本にトキソプラズマ、サイトメガロウイルスについて記載していただくことができました。

大阪市では、独自のオリジナル副読本を配布して、妊婦教室でテキストとして使用しているとの事で、 この副読本(全57ページ)の中の11ページ目の1ページ3分の2のスペースを取って母子感染症注意の項目を掲載していただきました。 4月より、妊婦教室で妊婦さんを配布スタートしています

20130405  20130405_2

大阪市:妊娠中に気を付けたい感染症について
※トキソプラズマ症、サイトメガロウイルス感染症に関する記述があります。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

衆議院第二議員会館第4会議室において、「第1回母子感染症に関する勉強会・意見交換会」が開催されました。

2013/04/02(火)衆議院第二議員会館第4会議室において、トーチの会の要望を受けて「 第1回母子感染症に関する勉強会・意見交換会」が開催されました。

当会からは代表含む二名と顧問の長崎大学小児科教授の森内先生が参加しました。 
森内先生が40分間、トキソプラズマとサイトメガロウイルスによる先天性感染について講義をし、 国に求めることを説明してくださいました。 
この会議には国会議員が20人弱と母子保健課課長補佐などが出席し、活発な意見交換がされました。 
その結果、日本から母子感染症を一掃することを目的に議員連盟も立ち上げることになりました。 
今後の動きに期待します。

20130402_2 20130402_1

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)