月別アーカイブ: 2014年4月

感染症マラリア・トキソプラズマ症の新型ワクチン開発に帯広畜産大が成功(北海道新聞報道記事)

4月23日(水)付 北海道新聞朝刊紙面にて、トキソプラズマのワクチン作成に成功したと発表がありました。
「帯広畜産大などの研究グループが、有効なワクチンのない感染症のマラリアとトキソプラズマ症について、病気を起こす原虫の感染を抑える新型ワクチンの作成に成功したと発表した。」(記事より抜粋)
トキソプラズマは私たちの非常に身近なところで感染するリスクがあるのに、感染を防ぐ方法もあまり知られておらず、その上感染を予防するワクチンが存在しませんでした。そして治療の為の薬も現在国内で認可が下りたものはありません。
予防することが現在の課題の一つとなっています。
開発が進めば、ワクチンにより先天性トキソプラズマ症として生まれてくる赤ちゃんの数を劇的に減らすことができるのかも知れません。
とはいえ、原虫疾患に対する実用化にはまだ壁が山ほどあると思います。
実用に向けてますます、研究が進むことを願います。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

3/25宮崎県立日南病院にて講演を行いました

第13回南那珂感染対策セミナー「当事者の視点で考える母子感染症の予防啓発の必要性」
を、宮崎県立日南病院 2F 講堂で行いました。

座長の峰松先生は厚労省の母子感染症研究班の班員の先生です。
今回の講演は、臨床の場に当事者の声を届けたいというトーチの会の考えに、峰松先生が賛同してくださり実現しました。

先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、 妊婦・新生児スクリーニング体制の構成及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究(神戸大学医学部産科婦人科学教室(厚生労働科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業))

▼愛泉会日南病院疾病制御研究所所長(峰松先生)のブログ
http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/

県立病院の講堂にて、医師や看護師を対象に講演をさせていただきました。
時期的に保険講習が隣室で行われていたにも関わらず、ほぼ満席で、ありがたかったです。
聞きに来てくださった方はやはり、女性が多かったですが、産婦人科の医師も参加してくださり、最後にはコメントもいただけました。

南九州はHTLV-1の母子感染の対策を昔から行っていたこともあり、母子感染症に関しての理解は深く、
トキソプラズマやサイトメガロウイルスの妊婦への抗体検査などもほかの地域と比べると、多くの施設で行われているようです。
こういった動きが全国でも見られるようになってほしいものです。

宮崎県立日南病院20410326

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

東京大学農学部にて講演を行います。

東京大学農学部にて、感染研の永宗先生とトーチの会代表が講演を行います。
興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

20140425東大講義

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

4月15.18日に銀座三越でトーチの会のパンフレットが紹介されます

4月15.18日に銀座三越で開かれる子育て・仕事関連のイベントのブースで、
妊娠出産・子育てと感染予防の資料配布などを看護協会がしますが、
その中でトーチの会のパンフレットも紹介されます(#^.^#)

ぜひ、お近くにいらしたらのぞいてみてくだい!!
————————————
http://www.tna.or.jp/dnn/tabid/216/language/ja-JP/Default.aspx
(以下HPより)
銀座三越にて「子育てママの”知りたい”コーナーを開設しています!」 (2014年4月7日 up)
※日時:4/15(火)・4/18(金) 両日とも13:00-16:00
※場所:銀座三越9階 銀座テラス/テラスコート  是非ご参加ください! 詳しくはこちらから!
-主催:NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンター 協力:東京都看護協会-

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

2014/4/12NHK東海NEWSにてCMVが取り上げられました。

▼東海NEWS WEB [母子感染に注意を]
NHK 東海NEWS にて、お世話になっている旭川医大の古谷野先生がCMVについてお話しました。
また、トーチの会のパンフレットが紹介されました(^^)

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20140412/3468621.html
(こちらは一週間ほどで視聴できなくなります)

【記事より】
妊娠中に感染すると、生まれてくる赤ちゃんに障害が出る母子感染に関するシンポジウムが、12日名古屋で開かれました。
シンポジウムは、名古屋市熱田区で開催されている日本小児科学会の中で開かれ、旭川医科大学小児科の古谷野伸医師が、妊娠中の母親が感染すると生まれてくる赤ちゃんの耳や目、脳などに障害が出るおそれがある「サイトメガロウイルス」ついて発表しました。
古谷野医師は、サイトメガロウイルスに感染して障害や症状がでる赤ちゃんは、毎年約1000人にのぼると推計されるものの、ウイルスの危険性を知っている妊婦は2割にとどまっているとして、妊婦へ情報提供することが必要だと訴えました。
サイトメガロウイルスは、幼い子どもの尿や唾液に多く含まれることから、妊娠中は子どもと食器を共有したり、食べ残しを食べたりしないこと、またおむつを処理した後はしっかり手を洗うなど、注意が必要だということです。
古谷野伸医師は「サイトメガロウイルスは、母子感染の中で、一番多く子どもに影響が出ているが、知られていないことが問題だ。妊婦や女性に情報を提供していくことが重要だと思う」と話していました。
会場では、サイトメガロウイルスで子どもに障害が出た親らでつくる患者の会が、妊娠中に注意すべき点をまとめたパンフレットを配り、注意を呼びかけていました。

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

2014/4/11~日本小児科学会学術集会でブース展示を行いました

4月11(金)~13(日)名古屋国際会議場で行われた第117回日本小児科学会学術集会におきまして、トーチの会は無事「初」ブース展示を終えることができました。
ブース展示は初めての経験で、幅が180cmもの大きなパネルが用意してあり、いったい何を準備してよいか、戸惑うばかりでした。
今回はパネルに貼るものとして、トーチの会顧問森内先生、小島先生にご協力いただきB1ポスターを作成することができました。
今後もまだ、複数の学会にてブース展示参加をすることになっておりますので、
今回の経験を活かしてより良い展示ができるように頑張ろうと思います。

B1ポスター

B1ポスター

 

ブース背面パネル

ブース背面パネル

 

名古屋国際会議場

名古屋国際会議場

また、この患者会の展示自体はニュースにはなりませんでしたが、
NHK東海のニュース内で、この学会で行われたCMV母子感染に関するニュースが流れ、お世話になっている旭川医大の古谷野先生がCMVについて話されているときに、その背景としてブースや配布しているトーチの会のパンフレットなどがうつされました。

 

▼東海NEWS WEB [母子感染に注意を]

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20140412/3468621.html
(こちらは一週間ほどで視聴できなくなります)

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

保護中: 名古屋交流会を開催しました

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

4/11~13 第117回日本小児科学会学術集会でブース展示いたします

4/11(金)・12(土)・13(日)名古屋国際会議場で開催される、第117回日本小児科学会学術集会でブース展示いたします。
※会場への入場は一般の方でも料金がかかりますのでご注意ください。
名古屋国際会議場1号館2Fセンチュリーホワイエという場所になります。

本日4/10はyuccaが準備のため会場入りし、ポスターなどを貼りにいってきました。
ブース展示の準備は初めてなので、何を用意すればよいのやら・・・。
とりいそぎ、母子感染啓発パンフレットはご自由にお取りいただけるようにしました。
代表が各地の講演で使用しているスライドも1部ですが閲覧用においてあります。
また、新ポスターの展示などもあります!

20140410

新ポスターがどーーん

ブース展示は会期中行いますが、トーチの会メンバーが座っているのは4/12(土曜)・4/13(日)AMのみとなりますので、ご了承ください。

他ブースの展示内容などとても勉強になりましたので、今後のブース展示にもご期待ください。

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

私たちの活動を支援して頂ける 【運営メンバー】を募集します

日頃トーチの会の活動にご理解とご協力を頂きありがとうございます。
早いもので、当会の立ち上げ準備期間を含めて約2年ほど経とうとしています。
会員の皆様にとっても新たなお子様の誕生や入園・入学または進級等、2年前とはまた違った環境や状況で過ごされていることと思います。
当会HPへのアクセス数も増える事により、一般の方々への知識も少しずつではありますが広まり、また『母子感染予防パンフレット』のダウンロード数も増えていく事で、よりこの情報を手に取って頂きたい妊婦さんへ正しい予防法が広がる事と、この母子感染症の予防することで悲しむ家族を減らしたいと願っております。

HPをご覧頂いている皆様へ

 患者様家族以外の方でも『協力会員』として、トーチの会の活動を一緒に支えて頂ける方も常時募集しております。
患者会の運営・活動はほとんどが患者家族により行われていました。しかし、患者家族もまた子育て中であり、それぞれの家族・生活がある中での活動です。時に運営メンバーの状況によっては対応が難しい場面もあります。会員家族だけの力では出来なかった事、例えば現在協力会員として入会頂いている方々の活躍により、活動の幅が広がり、HPの内容の周知や理解が進んだケースもこの2年間の中では大いにありました。
私たちの願う、「母子感染症によって悲しむ家族を減らしたい」という活動にボランティアとしてご協力頂ける方からのご連絡をお待ちしております。
▼入会のご案内はこちら
http://toxo-cmv.org/about_join.html

会員の皆様へ【運営メンバーとしてお手伝いお願いできる方を募集します】

お陰さまで当会が作成したこのパンフレットを購入し配布して頂ける施設・病院も増えてきました。
現在までは運営スタッフ数名でこの作業等を行っておりましたが、購入に関するお問い合わせや発送数の増加、また運営スタッフ本人の体調や日常の生活などもあり、なかなか手が足りない状況が続いております。
そこで運営スタッフ(ボランティア)にご協力頂ける方を募集します。
先天性トキソプラズマ&CMV感染症として生まれてきてしまう赤ちゃんを減らしていきたいという私たちの活動に、ぜひ会員の皆様のお力を貸してください。

募集する業務内容

・パンフレット保管管理&発送業務 (5名程度)
パンフレットをご自宅で保管して頂き、発送の必要があった時に指定した住所宛てに発送して頂く作業です。送料については当会で精算しますので、自己負担はありません。パンフレットをご自宅で保管して頂く場所(30cm四方程度のスペースで、積み上げた場合、1000部で20cmほどの高さ)が必要になります。発送の際、500部など根気よく数えて頂く必要があります。
※応募頂いた方のお住まいの地域によっては人数調整の為、お申し出を辞退させて頂く場合もございます。

・パンフレット問い合わせ管理(2名程度)
お問い合わせフォームより連絡を頂いた施設様宛へメールなどで返信する等の対応です。ExcelやWordを使って決まった請求書等のテンプレートを当会専用のメールアドレスより送信して頂く事と、入金確認後のメール対応等をご自宅のPC等より送信して頂きます。メールの文章等はすでにテンプレートとしてありますので、ご自身で文章を考える等の手間はありません。複雑な内容などの場合は複数の運営スタッフで相談しますので、たった一人で対応に困るなどという場面はありません。

・Web見回り(5名程度)
質問サイト上などで「トキソプラズマ」「サイトメガロウイルス」といった語句をキーワード検索し、困っている人がいれば患者会HPへ誘導していただく書き込みをお願いします。
間違った情報(トキソプラズマは豚肉だけで牛肉は心配ない、サイトメガロウイルスの人には近づかないほうがいい等)が広がるのをできるだけ防ぐ為です。
ご自身の都合の良い時(数日おき、または不定期でも)に行って頂きます。
回答は出来ないけれどもこんな質問があったという報告を頂ければ、運営スタッフの中で対応しますので、検索のみでも構いません。

今活動している運営スタッフも2年前までは一般の主婦・子供を持つ普通の母親であり、患者会の運営のノウハウを持っていた訳ではありません。現在も試行錯誤の状態のところはありますが、活動を通して様々な方との繋がり、経験し学び合っています。
運営の仕事は難しくて大変なことではなく、それぞれ出来る範囲で時間を使いながらの活動の積み上げでしかありません。今回の内容以外でも、「こんな事だったら私にもできる」「期間限定で数か月程度なら手伝える」といった方でも構いません。
どうぞ気軽にこちらの「お問い合わせフォーム」よりご連絡お待ちしております。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)