7/27に東京保険医協会主催のセミナーで講演しました

ワクチン関連セミナー 連続シリーズ 第2回 
医療従事者に知ってほしい母子感染症
「当事者の視点で考える母子感染症の予防啓発の必要性」

保険医協会講演

40名ほどの参加者がいらっしゃいました。
医師と、コメディカルの方と、行政の方にむけて、トキソプラズマとサイトメガロウイルスの先天感染について、お話させていただきました。

保険医協会

 

http://www.hokeni.org/top/sgroup/2014sgroup/1407sgroup.html#vaccine

後半は墨田区保健所の松本医師によるCRSのお話で、
墨田区のCRS早期発見、予防の為の取り組みはとても興味深かったです。
とくに早期発見の為の乳幼児健診や赤ちゃん訪問等で行われてる、
赤ちゃんの異常の早期発見の為のチェックシートなどは、
そのままトキソプラズマやサイトメガロウイルスの視覚異常、聴覚異常の早期発見にも使えるわけで、
こういった動きが全国的に広がるといいなと思いました。

Dr松本講演

講演後も、たくさんの方から質問をいただき、参加者の母子感染症に対しての興味の深さが感じられ嬉しかったです。
また、配布資料の中にパンフレットやポスターも入れたので、
参加者の医師から、クリニックに掲示させてくださいという言葉もいただきました。
啓発の波がこうして広がっていくと、本当にうれしいです。

 

B1ポスター

B1ポスター

下記のリンクからパンフレットはダウンロードできますので、ぜひ皆さんもパンフレットを使って、
啓発の波を広げていてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

http://toxo-cmv.org/information/information_20130211.html

保険医協会にてDr松本、代表、Dr細部

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)