サイトメガロウイルス患者会員 なぉママさん の体験談を公開しました。(NO.23)

23_2

保育園入園直前に先天性サイトメガロウイルス感染症との診断がついたことで、状況が変わってしまいました。
娘を一度も見たこともない保育園の本部から入園を拒否されたのです。

復職のため保育園の入所希望を出していました。当初から難聴は判明していたため保育園に伝えたうえで入園の許可が下りていました。
しかし、入園直前に先天性サイトメガロウイルス感染症との診断がついたことで、状況が変わってしまいました。
娘を一度も見たこともない保育園の本部から入園を拒否されたのです。
それは入園2日前でした。
いったいどういった経緯で入園できなくなったのか説明を求めても、担当者は書面を見ながら、安全な保育が難しいとの返答しかありませんでした。
小児科と感染症科の医師が、先天性サイトメガロウイルス感染症の概要や症状を詳しく話したうえで、「他の子どもと接触させても問題がないこと、感染対策は通常の手洗いで十分であること」を説明してくださいましたが、返答は変わりませんでした。

▼なぉママさんの体験談の続きはコチラから
http://toxo-cmv.org/story/story_23.html

先天性サイトメガロウイルス感染症の児の入園を拒否したり、隔離したりする必要は全くありません。

サイトメガロウイルス児の対応等をまとめました。
▼保育士、幼稚園教諭(乳幼児と係わる職業)の方へ
http://toxo-cmv.org/for_nurserystaff.html

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)