コウノドリで、 サイトメガロウイルスとトキソプラズマが取り上げられました!

2017年6月1日発売のモーニング掲載のコウノドリで、
サイトメガロウイルスとトキソプラズマが取り上げられました!

 

 

今回は、一話完結であり、内容も妊婦は出てこないお勉強編といった感じのお話です。
医学部ではない一般学部の学生に向けてサクラが母子感染について講義をするのですが、
教育に母子感染症啓発を組み込むことはは非常に効果的であり、持続的に行っていくべき大切なことです。
こういった講義を取り入れる教育機関が増えることを望みます。

蛇足ですが、今回の話の中で、CMVでおきる症状として、重要な難聴が挙げられていないのが気になりました。単行本になった時に、足りない解説を付け加えていただくことを期待します。

サクラ先生のこの台詞は、私たち患者会の会員の気持ちを表しています。
私たちは、そうやって後悔したり苦しんだりする家族を増やさないために、母子感染予防啓発に力を入れているのです。

鈴ノ木ユウ先生、コウノドリ(2017/6/1モーニング掲載)に母子感染症を取り上げてくださって、ありがとうございます。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)