おなかの中の赤ちゃんがCMVに感染したかどうか調べる方法はありますか?

母親の胎内で感染した赤ちゃんは、妊娠21週頃になると尿中にウイルスが出始めます。この尿が羊水となりますので、妊婦が初感染したことがわかった場合、妊娠21~22週に羊水を採取して、PCR検査でCMVの遺伝子を検出することができます。

しかし、状況によっては羊水検査そのものができないこともありますし、時期がずれると偽陰性(感染していても検出できない)になることも多いです。
また、胎児に感染していた場合、妊婦健診行われるエコー検査によって、
胎盤肥厚や羊水過多、それに後述(胎内で感染した場合、どんな症状が出ますか?)するような胎児の変化が見られる事があり、それらを診断の頼りとすることもあります。
ただし、感染していてもエコー検査で何の所見も認められないことが殆どであり、また逆に、それらの所見があっても、それがCMVとは別の理由で生じている場合もあります。

妊娠中の初感染が判明した場合、何か対応策はありますか?

監修:長崎大学 森内浩幸

クラウドファンディングにたくさんの応援ありがとうございました!

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック