妊娠中のCMV初感染が判明した場合、何か対応策はありますか?

妊娠中初感染してしまった妊婦に、CMVに対する抗体が大量に含まれる(高力価)免疫グロブリン製剤を静脈内投与することで、胎児への感染率を減少させたり、 胎児が感染しても症状が出るのを抑えたりすることができると、海外から研究報告されています。
しかしまだその効果は十分に認められたものではなく、何よりもそのような特殊な免疫グロブリン製剤は国内では販売されていません。
また、胎児治療はまだ研究中であり、有効性も安全性も確立されていません。

胎内で感染した場合、どんな症状が出ますか?

監修:長崎大学 森内浩幸

たくさんの応援ありがとうございました!サウザンブックスでご購入いただけます。

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック