正常な免疫の機能を持っていれば感染してもほとんどの場合、症状はありません。

まれに、とくに若い方では、発熱、倦怠感、リンパ節の腫脹など、伝染性単核球症と似た症状を持つことはありますが、たいていは風邪だと思うくらいの軽症です。
特別な治療をしなくても自然に治ります。

どのような人が感染すると問題なのですか?

監修:長崎大学 森内浩幸

たくさんの応援ありがとうございました!サウザンブックスでご購入いただけます。

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック