どのような人がCMVに感染すると問題なのですか?

正常な免疫能を持つ人には何も起きなくても、『極度な免疫低下もしくは免疫不全の方』と『妊婦』が感染した場合は話が変わります。

極度な免疫低下もしくは免疫不全の方の場合
免疫に異常がある方の場合(AIDSの患者さんや臓器移植後に免疫抑制剤を飲んでいる方や、癌で抗がん剤治療を受けている方など)、このウイルスは暴れ出します。
初感染だけではなく、新たに少しタイプの違うウイルスに再感染した場合も、そして、すでに体内に潜んでいたウイルスであっても、問題を起こす恐れがあります。
その結果、失明の危険があるCMV網膜炎 、脳障害を起こす恐れのある脳炎、命に関わる呼吸不全をきたす肺炎(間質性肺炎)、腸や食道への潰瘍または肝炎が起きることもあります。
近年の医療の発達の結果、HIV感染者では、抗HIV薬投与により、HIVの活動を抑えることで、同時にCMVによる症状が抑えられます。
また、移植患者では、ウイルスが活動し出したかを定期的にモニターし、活動の兆候がみられると抗ウイルス薬を投与することで重篤な症状がでることを防ぎます。
妊婦の場合
妊婦が感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、胎児に悪影響を与える可能性があります。(胎内で感染した場合、どんな症状が出ますか?
これまでにCMVに感染した事が無い妊婦さんは、特に注意が必要です。
未熟児の場合
胎内で感染すると危険なCMVも、分娩時や授乳の際に感染した場合は通常問題となることはありません。しかし未熟児は例外で、母体から十分な量の抗体を受け取れず、未熟な免疫能のまま出生してしまうために、敗血症のような重篤な症状がでることがあります。

ワクチンはあるのですか?

監修:長崎大学 森内浩幸

たくさんの応援ありがとうございました!サウザンブックスでご購入いただけます。

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック