どんな猫が危険なの?

あなたがトキソプラズマに感染したことがないとしても、すべての猫があなたにとって危険なわけではありません。 猫の糞の中にトキソプラズマを排出するのは原則として猫がトキソプラズマに初めて感染したときだけです。
この場合は感染の3-24日後に虫体の排泄が始まり10日程度にわたって排出が続きます。
その後、再び虫体を排出することは通常ありません(注3)
ですから既にトキソプラズマに感染し、虫体の排出を終えた猫については基本的に安全なわけです。
逆に言うと、危険なのはトキソプラズマにまだ感染していない猫ということになります。
このような猫はいつトキソプラズマに感染し、虫体を排出し始めるか予想がつきません。
それは今日かもしれないし、明日かもしれないのです。
ときどき「普通に飼っていればほとんどの猫は子猫の間に既に感染している。大人の猫についてはほとんど問題ない」という意見を聞きますが、 少なくとも日本について言えばこの意見は間違いです。
北海道から沖縄まで1000匹以上の猫を調査した結果が2003年に報告されていますが、 トキソプラズマに感染したことのある猫は10%程度しかいませんでした。

  • 既にトキソプラズマに感染した猫についてはまず心配ない(注4)
  • トキソプラズマに感染したことのない猫との付き合いには注意が必要。

危険な猫とは?図解

(注3・注4)「通常ありません」「まず心配ない」など、あいまいな記述なので心配に思われた読者もいらっしゃることと思います。
実は、猫が重度の免疫不全に陥るなど体調を大きく崩した場合、ごくまれに2度目・3度目の虫体排出があるのではないかと考える研究者がいます。 確率としてはきわめて低く、実際に問題となった事例があるわけではないのですが「心配ない」と断言しきれない理由がここにあります。 したがって猫の感染歴にかかわらず、念のためすべての猫について「何に気をつけて生活すればよいのか」の項目にある注意事項を守って生活できれば、それに越したことはありません。

ウチの猫、動物病院で検査したほうがいいの?

たくさんの応援ありがとうございました!サウザンブックスでご購入いただけます。

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック