自分がトキソプラズマに対する免疫を持っているかどうかは、どうすればわかりますか?

自分がトキソプラズマに対して免疫を持っているかどうかは血液検査でわかります。

妊婦健診時に行うトキソプラズマ抗体検査です。
トキソプラズマに対する免疫を持っているかどうかの指標として、トキソプラズマに対する抗体があるかどうかをチェックします。
しかし、これは任意の検査で自費です。
自治体によっては公費助成がある地域もあるようですが、 現在、日本産科婦人科学会の産科診療ガイドラインにおける推奨はCレベル(実施すること等が考慮の対象となるが、必ずしも実施が勧められているわけではない)であり、これにならって厚労省も今のところ「やってもやらなくてもいい検査」と位置付けています。
不況が続く日本では、自費と聞いたらやらない妊婦さんも多いでしょう。
しかし、自費でも1000円くらいなのです。
また、検査やこの病気の存在自体を軽視して、検査をやりますか?という提示もしない医療機関も多いのが現実です。
検査をしているのは全産科施設の49%だそうです。 (49%という数字は、厚生労働研究班が2011年に実施した全国産科施設への調査の結果です。) 検査を希望する方は、積極的に産婦人科医師に依頼してみましょう。

抗体検査で今感染しているのか、以前に感染していたのかがわかりますか?

監修:長崎大学 森内浩幸

クラウドファンディングにたくさんの応援ありがとうございました!