1月21日付 北海道新聞朝刊「ひと 2014」でトーチの会代表が紹介されました


1月21日付 北海道新聞朝刊「ひと 2014」のコーナーにて、昨年10月に行われた小児感染症学会シンポジウム発表の内容と患者会代表が紹介されました。
一部記事より抜粋 『二つの感染症は徐々に知られてはきたが、「医療関係者も含めて正しい知識を広めなければいけない」と実感する。子育てをしながらの活動は多忙だが「同じ悲しみを味わう親子を一人でも減らしたい」。そんな思いに突き動かされている。』
ぜひお手に取ってご覧下さい。