7/8-10第54回日本周産期・新生児医学会学術集会にてブースを出しました。

平成30年7月8日(日)から10日(火)の3日間、東京国際フォーラムにおいて、第54回日本周産期・新生児医学会学術集会を開催され、トーチの会もブースを三日間出しました。

東京国際フォーラム

多くの患者会が並ぶ

TORCH症候群のポスター発表もありました

ポスター会場の中に、患者会のブースをおいていただくことができましたので、人通りもそれなりにあり、三日間通して、たくさんの方にパンフレットをお渡しすることができました。

トーチの会も漫画コウノドリの作者 鈴ノ木先生にコウノドリ・ファミリーの一員と公認していただいているので、コウノドリの医療監修をされた荻野先生や豊島先生、宋先生、今西先生らと再会できて、非常に嬉しかったです。

 

荻野先生は、なんと三日間連続して寄ってくださいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーチの会の顧問のお二人も、駆けつけてくださいました。

森内先生

小島先生

母子感染症の研究班の先生方も応援に来てくださいました。

森岡先生

蛯名先生

今年から保険収載された、新生児の尿で行うCMVの検査キットを出している企業シノテストさんにもご挨拶できました。これができたおかげで、いままでだったら見落とされていたはずの症例も、拾えるようになっていくと思われます。

㈱シノテストさんの先天性CMV感染診断キット「ジェネリス」

シノテストの千葉さん

そして、今回も「エリザベスと奇跡の犬ライリー」をいろいろな方に手にとっていただけて嬉しかったです。ご興味のある方はぜひ、各学会でのトーチの会ブースにいらして見てみてください。
amazon出版社からも買うことができます。

次回のブース出展は、今回と同じく東京国際フォーラムで2018年8月24日(金)-26日(日)にひらかれる第28回日本外来小児科学会年次集会です。

その後は、2018年11月22日(木)-24日(土)の3日間、都市センターホテル、海運クラブ(千代田区平河町)にて開催予定の第63回日本新生児成育医学会・学術集会でもブースを出します。