CMV粒子の銀粒子電顕写真CMV粒子の銀粒子電顕写真サイトメガロウイルス(CMV)は世界中のいたるところにいる、ありふれたウイルスです。
母乳を飲んで、子どもの唾液や尿に触れて、そして性行為によって感染し、日本では成人の半数以上がすでに感染し免疫を持っています。

子どもも大人も健康であれば感染しても全く問題はないのですが、妊婦が初めて感染した場合や妊婦の免疫力がひどく低下した場合は、胎児への感染が危ぶまれます。
感染した胎児には、流産・死産、脳や聴力障害などが生じることがありますが、症状も障がいの重さも様々です。
そして、感染しても何も症状がないこともあるし、出生時に問題がなくても成長するにつれて症状が出る場合もあります。何らかの症状がみられるのは感染児の10-30%程です。
特に重要なものは進行性の難聴です。

TORCH症候群とは?

  • Q&A形式で理解できる「サイトメガロウイルス」入門編
    サイトメガロウイルスに関する正しい知識を身につけましょう。
    専門家監修の元、一般の方向けのわかりやすいコンテンツを用意しました。
  • サイトメガロウイルス、よくある質問編
    トーチの会HPへお問い合わせいただいた内容のなかから、特によくあるお問い合わせ(質問)を掲載しています。入門編で不明点がある場合、こちらもご覧ください。
  • 体験談
    トーチの会サイトメガロウイルス患者会員様に寄稿いただいた体験談をお読みいただけます。

サイトメガロウイルスQ&A(入門編)

監修:長崎大学 森内浩幸