残念ながらCMV感染を予防できるワクチンはまだありません。

米国では複数の製薬企業がCMVワクチンの臨床試験を行っていますが、それらの多くはHIV患者や臓器移植患者が対象です。
先天性CMV感染の予防を意図して開発されたワクチンは、臨床試験で「ワクチン接種しなければ2人感染するところを1人だけの感染に抑える(50%の防御効果と言います)ことができる」ことが示されましたが、これでは効果として不十分ですし、「時間が経つとワクチンの効果が減少してしまう」欠点があることがわかってきています。
このため先天性CMV感染の予防のためのワクチンが実用化されるのは先の話と考えられます。
実際に私達がワクチンを受けられる様になるまでには、早くとも10~20年はかかると考えられています。

どうすれば予防できますか?

監修:長崎大学 森内浩幸

たくさんの応援ありがとうございました!サウザンブックスでご購入いただけます。

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック