どうすれば予防できますか?

繰り返しになりますが、CMVは基本的に多くの人々には無害なウイルスです。

従って、大切なことは、(どのような人が感染すると問題なのですか?)で述べた人たちへの感染を守ることになります。
特に妊婦さんは注意が必要ですので、妊婦の予防法は(妊娠中に特に気を付けることはありますか?)をご覧下さい。
免疫力が落ちている人たちは、特にまだ感染していない人であればなおさらですが、乳幼児の尿や唾液に触ったら必ず手を洗うこと、性交時にはコンドームを使う事が主に勧められています。
また、唾液を介して感染しますのでオーラルセックスでも危険です。
輸血や移植を受ける時には、主治医の先生がドナーの選定に注意を払ってくれると思います。
未熟児の場合は、対応が悩ましくなります。
母乳のメリット(壊死性腸炎やその他の感染を防いでくれる等)とデメリット(CMV感染を起こす)の両方をよく考慮する必要があります。
母乳をいったん凍結して解凍して与えることで、ウイルスを壊すことが期待できますが、リスクを完全に無くすことはできません。

妊婦が初感染するとすべての胎児に障害が出るのですか?

監修:長崎大学 森内浩幸