繰り返しになりますが、CMVは基本的に多くの人々には無害なウイルスです。

従って、大切なことは、(どのような人が感染すると問題なのですか?)で述べた人たちへの感染を守ることになります。
特に妊婦さんは注意が必要ですので、妊婦の予防法は(妊娠中に特に気を付けることはありますか?)をご覧下さい。
免疫力が落ちている人たちは、特にまだ感染していない人であればなおさらですが、乳幼児の尿や唾液に触ったら必ず手を洗うこと、性交時にはコンドームを使う事が主に勧められています。
また、唾液を介して感染しますのでオーラルセックスでも危険です。
輸血や移植を受ける時には、主治医の先生がドナーの選定に注意を払ってくれると思います。
未熟児の場合は、対応が悩ましくなります。
母乳のメリット(壊死性腸炎やその他の感染を防いでくれる等)とデメリット(CMV感染を起こす)の両方をよく考慮する必要があります。
母乳をいったん凍結して解凍して与えることで、ウイルスを壊すことが期待できますが、リスクを完全に無くすことはできません。

妊婦が初感染するとすべての胎児に障害が出るのですか?

監修:長崎大学 森内浩幸

たくさんの応援ありがとうございました!サウザンブックスでご購入いただけます。

妊娠中の母子感染に注意!啓発パンフレット・ポスターPDFのダウンロードはコチラ

パンフレット100部送料0円キャンペーン

『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

「エリザベスと奇跡の犬ライリー」先天性サイトメガロウイルス感染症の障害を持って生まれ16歳で夭折した少女と、そのあとを追うように逝ってしまった愛犬との実話を元にした物語

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

平野マタニティクリニック