CMVとは何ですか?


CMV(Cytomegalovirus:サイトメガロウイルス 学名HHV-5(human herpesvirus 5))は、ヘルペスウイルス科ベータヘルペスウイルス亜科に属するウイルスのひとつです。

世界中に見られ、どこにでもいるありふれたウイルスで、日本では成人の60~90%(妊娠可能年齢の女性では、60-70%)は過去にCMVに感染したことがあるといわれています。

過去に感染したことがあれば、ヒトの体内では様々な組織に親和性があるので、体中どこにでもいますが、細胞の中に入り込んでしまうため、免疫の攻撃から逃れやすい性質があります。
これはヘルペスウイルスの仲間に共通する特徴ですが、いったん感染するとウイルスは一生、私たちの体の中に潜んでいます(潜伏感染)。

妊娠・出産などに際して、潜んでいたウイルスが増殖を再開することがありますが(再活性化)、そのために何らかの症状が出ることは通常ありません(不顕性感染)。

ただし、免疫力が落ちた人や胎児は例外です(どのような人が感染すると問題なのですか?)。
ヒト以外の動物には感染しませんので、ペットへの感染もペットからの感染もありません。

CMV粒子の銀粒子電顕写真

監修:長崎大学 森内浩幸