埼玉県の母子感染症予防啓発例

今年は啓発のための本「エリザベスと奇跡の犬ライリー」を一月に発刊することができました。
でも、母子感染症予防に関する情報をもっと日本中に広めたいと考えたとき、
やっぱり自治体や国が主導してくださる方が確実です。
そこで、これまでどんな自治体がどんな協力をしてくれたか、また、それらの協力が今もなお続いているのかを、確認しようと思い調べていたところ、埼玉県知事からいただいたメールを見つけたのです。

実は、トーチの会ができて間もないころ、各自治体に向けて、母子感染症の予防啓発にお力添えいただけないかメールをたくさん送っておりました。
そんな中、埼玉県のホームページ上にある「知事への提言」フォームにメールを送ったところ、返信がありました。
その後、埼玉県議会議員のお力添えもあり、担当部署の方を含めた勉強会を開いたり、
その勉強会で理解を示してくれた担当者のはからいで埼玉県主催の母子感染症研修会を開いていただき講師をつとめさせていただいたり、
埼玉県の母子手帳には自治体の任意ページに母子感染症予防について独自に記載してくださったり、
埼玉県独自の啓発パンフレットを作成してくださったりと、
どの自治体より先駆けて協力をしてくださった埼玉県です。

今後も、継続的に母子感染症予防啓発をしていただけたらと思います。
また、ほかの自治体も、ぜひこの埼玉県のように積極的に啓発に力を入れていただけますよう、よろしくお願いいたします。

埼玉県オリジナルパンフレット

埼玉県HP

さいたま2

埼玉県HP

埼玉県母子手帳母子感染1

埼玉県の母子手帳「母子感染」のページ

埼玉県の母子手帳「母子感染」のページ

トーチの会 代表様

  私あてにメールをお寄せいただきありがとうございました。
  トキソプラズマとサイトメガロウイルス感染を予防したいと思う代表様のお気持ちは分かりました。
   経験を踏まえてご意見をいただいたことを重く受け止めます。
   お話のとおりこれらの母子感染については一般的な知識の普及がまだ充分とは言えませんので、

   広く普及啓発を行う必要があると思っています。
   まずは、市町村職員を対象に研修を開催し、正しい知識の普及を行います。
   県のホームページにも掲載し、広く県民に周知していきます。
   また、妊婦さんに正しく知っていただくために、
   市町村が作成する母子手帳にこれらの感染症とその予防法を掲載するよう市町村に依頼をします。
   さらに、市町村で行う母親・両親学級など
   あらゆる機会を通じて感染を予防するための知識を普及啓発していくことも市町村にお願いをします。
   抗体検査を国に先行して公費で実施することについてですが、
   本来、公費負担の対象が地域で異なることは望ましくないと思います。
   このため、現時点でお話の感染症の検査を公費で実施することについては考えていません。
ご理解ください。

   なお、埼玉県は妊婦健診14回すべてに助成を行っており、
   妊婦1人当たりの公費助成額は関東の1都6県で最も高くなっています。
   来年度も妊婦健診の助成額を増やし、妊婦さんへの負担軽減を図ります。
  今後も、市町村と協力して検査項目の見直しなど、できることから早速取り組んでいきます。
   季節柄、お身体に気をつけください。
 
  平成25年 1月10日
 
                    埼玉県知事 上田 清司

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

サーバーメンテナンスのお知らせ

12/31にトーチの会webサイト、会員サイトのサーバー移行を行います。

移行実施中は当サイトのご利用はできません。
作業中はご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

実施日時:2016年12月31日20時ごろ~2017年1月2日

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

サイトメガロウイルス患者会員 たんたんさん の体験談を公開しました。(NO.24)

知らない事への恐怖感から生まれる偏見が今私達を苦しめています。勘違いしてほしくないのは、子供達のほとんどがすでに感染して免疫を持っているのです。

娘のYちゃんは、妊娠中に胎内でサイトメガロウイルスに感染しました。
幸いにも今のところ悪い症状は出ていませんが、先天性サイトメガロウイルス感染症と診断されています。

娘に保育園の入園許可の通知書が届き、新しい生活にワクワクしていた頃、入園前の保育面談がありました。
そこで保育園の園長先生から「他の子や、妊娠している保護者に影響があると困るので、サイトメガロウイルスが他の子や、親に感染しないと証明できる医者の意見書を持ってくるように」と言われました。
この保育園は病後児保育もしており、看護師も常駐しています。しかしこの看護師でさえ、サイトメガロウィルスと言う名前を知りませんでした。
サイトメガロウイルスという名前は、保育園の園長先生を含め、聞いた事がない人には恐ろしく聞こえるのでしょう。
私も出産後に初めて知った名前でした1

 

▼たんたんさんの体験談の続きはコチラから
http://toxo-cmv.org/story/story_24.html

 

保育士、幼稚園教諭(乳幼児と係わる職業)の方へ

  1. サイトメガロウイルス(CMV)児の対応:先天性サイトメガロウイルス感染症の児の入園を拒否したり、隔離したりする必要は全くありません。
  2. 園医、校医にお願いしたいこと:先天感染児の症状を見逃さないでください
  3. 保育士、幼稚園教諭(その他、乳幼児と係る職業の女性)自身が妊婦の時は特に注意!!

くわしくはこちらのページの解説をご覧ください。

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

いわさき小児科(宮崎県宮崎市)でロタウイルスワクチン・おたふくかぜワクチンを接種頂くと、翻訳本出版にご協力いただけます!

窓口負担金額は変わらず、ロタウイルスワクチン・おたふくかぜワクチンを接種頂くと、翻訳本出版にご協力いただけます!

先月香川県にて行われておりました日本外来小児科学会でお話しさせて頂いた、宮崎県にある「いわさき小児科」の岩﨑直哉先生が、トーチの会の「anything but a dog!」翻訳本プロジェクトに賛同頂いた上、告知にご協力頂いております!

IMG_5167
▼ブースにお立ち寄り頂いた岩﨑直哉先生と一緒に撮影させて頂きました

こちらの小児科でロタウイルスワクチンまたは、おたふくかぜワクチンの接種を希望された方から参加を募り、支援に同意してくださる方には、接種料金から一部を寄付をしていただく形で、クラウドファンディングの成立にご協力頂いております。
(ワクチン接種の窓口負担金額に変わりはありません。不足分は病院が負担されるとのことです)

いわさき小児科のHPはこちら

「あまり知られていませんが、母子感染症はどのお母さんでも経験するかもしれない病気です。
そしてそれは、すこしの知識で防げたかも知れません」
(いわさき小児科による告知パンフレットより)
まさにトーチの会の思いや願いを理解頂き、さらに自院でもこのように告知頂き、今回の翻訳本プロジェクトにご協力頂き、大変感謝しております。

お陰様でプロジェクトは成立しましたが、予約はまだこちらから受け付けております!
ロタウイルスワクチンまたは、おたふくかぜワクチンの接種を希望される宮崎県宮崎市の方は、
ぜひ「いわさき小児科」での接種をご検討ください!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

9月25日(日)の北海道新聞朝刊に掲載されました

9/25北海道新聞朝刊社会面にトーチの会の翻訳本出版について掲載して頂きました

fullsizerender-3
トキソプラズマとCMVの説明もあります。
多くの皆さまに知っていただけますように。
翻訳本の予約はこちらから10月19日まで受付しております!

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

10/1感染研一般公開にてトーチの会のポスターが展示されます

10/1に国立感染症研究所・戸山庁舎2016年一般公開があります。
国立感染症研究所・戸山庁舎 2016年一般公開・ポスターの公開

パネル展示「生まれてくる赤ちゃんに影響する感染症」ではトーチの会の活動紹介ポスターも展示されます。
理科好きな子どもたちにも、楽しそうな企画が目白押しですのでぜひご来場ください。

12016感染研 2016感染研2

 

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)

マンガ「コウノドリ」13巻にトーチの会のポスターが描かれています

気づいていた方は、どれだけいらっしゃるのでしょうか?
なんと、マンガのコウノドリ13巻子宮頸がん前編にトーチの会のポスターが描かれています!

コウノドリ13巻2

しかもこんな大きなコマに!

コウノドリ13巻1

ちゃんと、ポスターの字も読めて今更ながら大興奮です。

この場をお借りして作者の鈴ノ木先生に深く感謝するとともに、
ドラマのコウノドリに引き続き、トーチの会のポスターを採用してくださって、ペルソナ総合医療センター産婦人科さま、ありがとうございます!!!

そんなポスターや、母子感染症予防啓発パンフレットのダウンロードはこちらからできます。
啓発のためにも、ぜひ、色々な場所に掲示していただけたらと思います。

ちなみにドラマでは、こうでした(^^♪

コウノドリ5 コウノドリ6 ペルソナ6 コウノドリ2

▼ 毎日のクリックでトーチの会の応援をお願いいたします! ▼
『先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
トーチの会は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。
上記のリンクから「応援する」をクリックするだけで支援金が届けられます。(1日1回のみ)