絵本の医療施設向けの寄付と新生児聴覚スクリーニング

今月から、絵本『もふもふライリーとちいさいエリザベス』の医療施設向けの寄付が行われています。 (寄付に関する詳細はこちら→ https://toxo-cmv.org/ehonform/)

寄付先の一つに国立成育医療研究センターがあります。

耳鼻咽喉科診療部長の守本倫子先生は先天性CMV感染症の啓発に力を入れてくださっています。
その守本先生が取材に答えられている記事を紹介いたします。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79674848f2b45b162a5490dd7f43733b7d155135?fbclid=IwAR0z4e9MmIfAHJ_Uh8vDL6GGMlo1e3I9cQ9pa1Egd5Lj-IYCX4C2w-ezZuM

【独自】新生児全てに聴覚検査…難聴対策 国が方針案

厚生労働省は、子どもの難聴を生後すぐに発見して親子の支援につなげるため、全ての新生児への聴覚検査を目標とする基本方針案をまとめた。10日にも公表し、年度内に都道府県に対し、具体的な支援計画の策定を求める。

基本方針案は、生まれた子どもが、生後1か月までに医療機関で聴覚検査が受けられる体制を都道府県に求めることが柱となる。

先天性の難聴は新生児1000人あたり1~2人の割合とされるが、検査を行わなければ気づきにくく、就学時健診まで見つからないケースもある。厚労省の調査では、2019年度時点で新生児の1割が聴覚検査を受けていないか、受けたかどうか不明だった。

基本方針案では、難聴を出来るだけ早期に発見し、人工内耳や補聴器の利用、手話など様々な形で言語の発達を促すことが重要と指摘。公費負担による検査を推進するほか、妊婦健診などで検査の情報提供を行うことも盛り込んだ。

難聴が疑われた場合、遅くとも生後3か月までに精密検査を行い、治療や教育につなげる。都道府県ごとに関係者による協議会を設置して情報を共有し、子どもと家族を途切れず支援できる体制づくりを目指す。

守本倫子・国立成育医療研究センター耳鼻咽喉科診療部長は「現在は検査や療育体制に地域差がある。国が都道府県に体制整備を求めることで、すべての難聴児や家族に必要な支援が届くことが期待できる」と話している。

読売新聞

 

新生児全てに聴スクがされるようになれば、「リファーになった子に、CMVの先天感染をうたがって、確定検査のための尿検査を生後1か月以内に必ず行う」という知識も全国に広がるのではないかと期待します。

そして、今までなら見逃されていたようなCMVの先天感染の症例を拾い上げ、投薬治療で難聴の改善or悪化を止めるといった対処がたくさんの子にできるよう願います。 (投薬治療自体は今は保険適用外ですが、もう治験もすすんでおり数年以内に保険適用になります。)

というわけで、皆さんこれは覚えておいてください。

【聴覚スクリーニングは、CMV尿検査とセットで‼️

トキソプラズマ&サイトメガロウイルス母子感染防止啓発シェアお願いします!