沖縄県でのトキソプラズマ啓発講演(9/27)のご報告とご紹介(10/18)


以前から何度かご紹介していますが、
当会に協力し、トキソプラズマ症の啓発を獣医師の視点から発信してくださっている北野崇先生の講演活動をご紹介いたします。
▼南の往診獣医さんfacebook
https://www.facebook.com/oushinjuui

9月27日(金)に南城市佐敷にてトキソプラズマ症講演(第二回)を行われたということですが、
トーチの会提供のパンフレットも全員に配布していただきました。
また、今回は動物愛護団体の方も聴講にいらしたそうです。

トキソプラズマといえば、どうしてもネコが、終宿主である以上話に出てきます。
しかし、言葉足らずな説明が世の中にはたくさん出回っていて、
そのためにむやみに飼い猫を手放そうとしたり、ネコ全てが妊婦の敵かのようにおっしゃる方がいます。
妊婦だからと言って、家族の一員であるネコを手放す必要は全くありません。
しかし、胎児に危険が及ばないように気を付けるポイントがいくつかありますのでそれを守ってほしいのです。
詳細はトーチの会HPのこちらで学んでください。
http://toxo-cmv.org/toxo/cat/index.html

北野先生の講演に参加された動物愛護団体もきっと、
そういった誤解を広めていないかと、心配なのでしょう。
当会は決してそういった誤解に基づくネコへのひどい行為を許しません。
ですからこそ、正しいネコとの付き合い方を発信していきます!!

そして、今後も、この北野先生の講演活動は続きます。
次回、南城市での講演(3回目)は10/18(金)を予定しているそうです。
詳細な予定は、以下のページもあわせてご参照ください。
▼南城市社会福祉協議会のHP
http://www.nanjo-shakyo.com/

▼南城市社会福祉協議会フェイスブック
https://www.facebook.com/pages/%E5%8D%97%E5%9F%8E%E5%B8%82%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A6%8F%E7%A5%89%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A/147641148759370