第55回日本周産期・新生児医学会学術集会にてブース展示を行います

第55回日本周産期・新生児医学会学術集会@松本キッセイ文化ホール に、トーチの会もブースを出させていただきます。
13日 土曜と14日 日曜の二日間のみの出展となり、15日 月曜はトーチの会はおりませんのでお気を付けください。

第55回日本周産期・新生児医学会学術集会

会 期:2019年7月13日(土)~15日(月)
会 場:キッセイ文化ホール(松本文化会館)
〒390-0311 長野県松本市 水汲69-2 TEL:0263-34-7100
会 長:中村 友彦
長野県立こども病院病院長、信州大学医学部新生児学・療育学講座特任教授

トーチの会顧問の森内教授が座長を務められる教育講演があります。先天性CMV感染症に関する講演です。
また、一般講演でも、トーチの会顧問の小島先生が先天性トキソプラズマ感染症に関する講演を行います
ぜひこれらの講演を聴いた後は、トーチの会のブースにもお立ち寄りください。

◆13日 土曜
10:40〜11:10 教育講演2
「先天性CMV感染症における神経・発達予後」
座長:長崎大学医学部小児科 森内 浩幸
演者:長野県立こども病院神経小児科/信州大学連携大学院 稲葉 雄二

10:05〜11:01
一般演題(口演)「感染・免疫1」
O-005 「トキソプラズマ初感染時期の診断できた妊婦46例のトキソプラズマ諸抗体・アビディティ値の特徴とその解釈」 医療法人青山会ミューズレディスクリニック 小島 俊行

◆14日 日曜 
15:55〜16:25
教育講演5 「先天性サイトメガロウイルス感染と難聴」
座長:信州大学医学部耳鼻咽喉科 宇佐美真一
演者:信州大学医学部耳鼻咽喉科 茂木 英明

また、14日 日曜 にも先天性CMV感染症の教育講演がありますので、こちらもぜひお聴きになって、トーチの会のブースにもいらしてください。